読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

化粧品お試しクラブ

化粧品のお試し商品レビューから、お化粧に関する色々な情報をお届けします。

化粧品・医薬部外品・医薬品それぞれの違い

f:id:aj-media:20170517110348p:plain

化粧品という言葉の意味を知っていますか?

知らないまま過ごしてしまった知識を身に着けるためにも
化粧品、医薬部外品、医薬品それぞれの違いを知りましょう!

 

表示の違い

化粧品だと思っていた物の中にも「医薬部外品」と書いてあったりと
表示の中に謎がありますよね。

意味も分からずに使っていても表示にはしっかりと意味があります。

意味を知ることで、これからの化粧品選びに活かすことが出来ますよ!

それぞれの目的によって変わります

今まで不思議に思っていた商品の表記は、目的によって変わっていたのです。
自分が持っている商品と見比べながら確認をしてみましょう!

化粧品とは

化粧品とは、使用した人が美しくなることを目的とした物です。
魅力を向上させる、状態を維持することに使われています。
ファンデーションやマスカラなどのメイク道具の殆どが化粧品と分類されています。

医薬部外品とは

医薬部外品とは、何らかの目的に効果のある成分が一定の濃度で配合されているものを指しています。

  • かゆみに効果がある
  • にきびを防ぐ
  • 肌荒れを改善させる
  • 肌の表面を殺菌

これらのように、なんらかに効果がある成分が入っていることが前提です。
これらの悩みを解決することも出来ますが、どちらかというと予防や現状維持の効果が多いような気がします。

予防策として考えておくと誤解がないかもしれません。

医薬品とは

医薬品とは治療を目的とした製品です。
ドラッグストアで販売されているものから、
処方箋を貰わないと買うことが出来ないものがありますが治療という目的は同じです。

医師がしっかりと判断した上で使うことにより
悩みや現状を改善させることが出来ます。

医薬部外品のように現状維持ではなく、治すことを目的としている為
有効成分の配合量も多くなっています。

 

わかりやすい考え方

先ほど紹介した化粧品、医薬部外品、医薬品の違いを理解することが出来ましたか?
正直、今まで知らなかった人が急に説明されてもすぐには理解できないと思います。

要点だけをまとめて簡潔にいうとこのようになります。

    • 化粧品は美しくなるための物

化粧品はあなたの美を向上させるものです。
治療効果はありません!
外見を整えるための物だと思ってください!

    • それ以外は治療をするための物

医薬部外品や医薬品は、治療に活かすことが出来る成分が配合されているので
悩みを解決するための手段として使うことが出来ます。

化粧品にはない治療という効果があるということを覚えておいてください。

まとめ

今回は化粧品、医薬部外品、医薬品のそれぞれの特徴と違いを紹介しました。
お手元にある製品の中にもこれらに分類できるものがあると思います。

メイク道具は殆どが化粧品だと思いますが、医薬部外品が入っていた場合には
そういうことだったのかと理解してみてください。

Copyright © 2017 化粧品お試しクラブ All Rights Reserved.