読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

化粧品お試しクラブ

化粧品のお試し商品レビューから、お化粧に関する色々な情報をお届けします。

【危険!】化粧品の間違った使い方をしていませんか?

f:id:aj-media:20170420165118p:plain

あなたは正しい化粧品の使い方を知っていますか?
今までなんとなく化粧品を使っていたのなら
その化粧品はあなたの肌を傷つけているかもしれません。

正しい化粧品の使い方を学び、肌を守りながら美しさを磨くことが出来るように
ここで化粧品の知識を学んでいってください!

 Contents

化粧品は1歩間違うと毒物である

化粧品には肌に美容効果のある成分がたくさん入っています。
現在様々な化粧品が販売されていますが、それぞれに目的があります。

肌を白くする化粧品。
潤いを与える化粧品。

それぞれの効果に合わせて成分が配合されているのですが、適当な量を使ってしまうと
成分の過剰使用により体に害が出てしまいます。

効果があるけれど、それなりの副作用がある成分もあるので
適当に化粧品を使って肌を傷つけるのではなく、
しっかりと量をまもって化粧品を使うように心がけましょう。

化粧水の使い方について

肌を潤しながらも化粧の土台としての役割がある化粧水は
使い方を間違えてしまうと適切な効果を得ることが出来ません。

ここでは化粧水の正しい効果を得るための方法と、
間違った使い方をしてしまった時の症状について説明させて頂きます。

叩くと赤みやシミの原因になる

化粧水の使用するイメージの中に顔に化粧水をつけてパンパンと叩きつけているものがありますが、
化粧水は叩きつけて使ってはいけません。

化粧水をしみ込ませるつもりで叩いているのかもしれませんが、
肌を叩いてしまうとその刺激によって肌の赤みやシミが出来てしまうことがあります。
毎日化粧水を使うたびに叩かれてしまうと肌もどんどんダメージが蓄積されてしまうので、間違った使い方をしないようにしましょう。

量をしっかりと意識する

高い化粧水を使っている人は、化粧水を少しずつ大切に使ってしまいがちですが
化粧水の量は多いくらいがちょうどよいのです。

化粧水の目的は肌の保湿。
肌を守るために水分を補給するのが化粧水の役目なので、
水分が足りないより余っている状態の方が肌にとっては好ましいのです。

少ない量を使って伸ばすのではなく、たっぷりと化粧水を使うことで
乾燥肌の原因となる水分不足を防ぐことが出来ます。

美白化粧品の危険性

シミを消すことが出来るハイドロキノンが配合された美白化粧品を使ったことはありますか?
シミを消すことが出来るという事でコンプレックスの解消に役立つ便利な化粧品ですが
実は肌に大きなダメージを与える原因にもなってしまうことがあります。

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンは、シミに対して還元脱色作用を持っています。
(簡単にいうとシミの脱色効果です)

美白を予防する化粧品ではなく、美白にする化粧品なので
浸かっている人が多いです。

日中は使っちゃダメ!

美白効果が期待できるハイドロキノンが含まれた化粧品は
日中外出する場合には使わないことをオススメしています。

理由は紫外線とハイドロキノンが反応し、酸化することによって肌にダメージを与えてしまうからです。
美白の為に浸かっていたのに肌を傷つけてしまっては元も子もないですよね。
肌を守るためには、夜間など紫外線に触れる機会がない時間帯に使うようにしましょう。

クレンジングについて

1日のメイクを落とすときなどにクレンジングを使うと
すぐにメイクを落とすことが出来るので女性は誰もが重宝していますよね。

しかし、クレンジングを間違った用途につかってしまうと
肌の状態を悪くしてしまう原因になってしまうことがあります。

クレンジングに洗顔の効果はない

再確認ですが、クレンジングはメイクを落とすためのものです。
最近ではクレンジングと洗顔が同時に出来るものが販売されていますがあまりオススメできません。
クレンジングの中にメイクの成分が入ってしまっている為、
顔全体にダメージを引き延ばしているようなものです。

クレンジングはあくまでメイクを落とすためのもの。
クレンジング後に別途洗顔をすることで
メイクの残りかすなどをしっかり洗い流す事が出来ます。

メイク成分が肌に残ってしまうと毛穴に詰まってニキビの原因になったり
肌にダメージが蓄積され肌荒れの原因になってしまうこともあるので気をつけましょう。

まとめ

今回は、化粧品についての知識について紹介させて頂きました。
今回紹介させて頂いた間違った化粧品の使い方に当てはまっていた人は
今日から正しい化粧品の使い方に変更しましょう。

肌は非常に繊細なので、ダメージが蓄積する要因を1つ1つ排除する必要があります。
綺麗な肌を維持するためにも正しい化粧品の使い方を学びましょう。

Copyright © 2017 化粧品お試しクラブ All Rights Reserved.